時計預託規約

1. 目的および適用

この規約(以下「預託規約」とする)は、株式会社ルピナス(以下「当社」とする)が提供するレンタルサービス「DRESS WATCH」(以下「本サービス」とする)にその所有する預託時計類の運用を預託するに際しての預託条件を定めるものであり、時計類を預託する全てのオーナーに適用されます。預託規約と別に定めるサービス利用規約が競合する部分については、預託規約が優先して適用されます。

2. 時計預託の趣旨

時計預託は、当社がレンタル時計類として運用するために、オーナーから当社に対してその運用を預託することをいい、以下の概要によるものとします。 (1)時計預託を希望するオーナーは、その所有する時計類について所定の情報及び画像を当社に送り、当社から予備評価を受けます。当社は預託時計類の推定評価額を算定し、適用グレードをオーナーにメールでお伝えします。なおオーナーは、当社に予備評価を依頼した時点において、預託規約に合意したものとみなされます。 (2)当社の予備評価に合意いただいたオーナーは、預託する時計類を当社に送付します。 (3)当社は、到着した預託時計類を検品し、推定評価額及び適用グレードを記載した時計預託合意書(以下「預託合意書」とする)をオーナーに送付します。なお予備評価を修正する必要がある場合は、修正後の推定評価額及び適用グレードが記載されます。 (4)当社はオーナーと締結した預託合意書に従い、預託時計類のレンタルを行います。 (5)オーナーは、時計預託合意に基づき、預託を解除することができます。但し、下記8.(3)による場合には解除の制限を受けます。

3. オーナーの証明および保証

(1)オーナーとは、預託時計類の法的な所有者であり、預託時計類に関して完全な処分権を有している個人または法人をいいます。 (2)オーナーは、預託時計類が完全に本物であり、公正な取引、商標権その他、他社に属する権利を侵害していないことを保証するものとします。但し、預託時計類の機能維持に必要な修繕で、かつ当社に伝えてある場合はこの限りではありません。 (3)オーナーは、当社から求められた場合には、その法的な所有権の根拠及び預託時計類の真実性について証明するものとします。 (4)預託時計類のオーナーの所有権の疑義に起因して、当社または会員に損害が及んだ場合には、オーナーは、積極的に所有権の証明に関して当社に協力し、かつその損害に対して責任を果たすものとします。

4. 預託時計類の評価、鑑定、保険

(1)当社は、オーナーから受け取ってから遅滞なく預託時計類の評価の結果をオーナーにお伝えし、預託合意書を送付します。当社からの預託合意書の発送をもって、オーナーから預託合意書への同意があったものとして、預託時計類は当社の在庫リストに計上され、レンタル供用は開始されます。なお当社は、当社が預託合意書を発送してから1週間以内に、オーナーの同意がある預託合意書が当社に到着しない場合には、預託合意は成立しなかったものとして、預託時計類を返却することができるものとします。 (2)当社は、当社の取り扱うサービスに預託時計類が適さない場合には、オーナーに預託時計類を返却し、または当社において取扱いが可能となるために必要な処置をオーナーに求めることができます。 (3)当社は、当社の判断により預託時計類の評価を行い、さらなる評価が必要であると当社が認める場合には、いつでも預託時計類について評価額を見直し、推定評価額及び適用グレードを変更できるものとします。 (4)オーナーは、預託時計類が紛失、盗難、修理を超える損傷を受けた場合には、オーナーには鑑定評価額の金銭求償権のみが残り、実物による求償権は存在しないことを、明示的に認めるものとします。 (5)本条(4)のオーナーによる当社への求償権は、預託時計類の中古買取相場による評価額の50%を限度とします。 (6)オーナーは、本条(5)を超える損失については、ご自身の負担と責任により、預託時計類を対象とする損害保険契約を付保するものとします。

5. 契約の開始、期間、終了

(1)オーナーと当社による預託合意書が交わされ、かつ当社が当社DRESS WATCHサイトに表示した日をもって、契約の履行が開始するものとします。なお当社は、預託時計類が当社に到着し受け取るまで、一切の責任を負わないものとします。 (2)契約の有効期間は、預託合意書に定めた日から開始し、1年間とします。なお当社は同じ条件でさらに3カ月間更新する権利を有するものとします。また、当社及びオーナーとの書面による預託合意により、この期間はさらに延長することができます。 (3)いずれの当事者も、理由の有無に関わらず、預託契約の終了の意思を通知することができます。ただし、預託時計類がDRESS WATCHにおいてレンタル中または予約がある場合には、有効なレンタル契約が終了し当社に返却されるまでは預託契約は有効となります。 (4)預託契約の有効期間が終了しましたら、当社は宅配便により、預託合意書に記載されたオーナーの住所に返却するものとします。オーナーは預託時計類の返却を受けてから24時間以内に預託時計類を点検し、預託時計類に問題がある場合は当社に連絡するものとします。この期限が過ぎると、預託契約終了後における当社の義務は消滅し、オーナーは当社に対し訴訟を起こすことができないものとします。 (5)オーナーがオーナー収益について、レンタルサービスへの支払い充当を選択した場合、契約の終了は、レンタル料の精算が確認できてから7営業日を過ぎるまで猶予されるものとします。

6. 預託時計類のレンタル

(1)時計預託期間内においては、預託合意に従い、当社は、当社の裁量により当社の会員にレンタルできるものとします。 (2)オーナーは、預託合意書に基づき、レンタルに関する条件を指示することはできません。 (3)当社は、第三者から預託時計類を購入したい旨の申し出を受けた場合、その申し出をオーナーに通知します。オーナーは、任意に預託時計類の売却を判断できますが、売却する場合には、当社とオーナーは、販売に関する別の契約を締結し、当社は売買価格に基づいて手数料を受け取ることができるものとします。

7. オーナーへの支払、精算

(1)当社は、預託合意書に従い、レンタルに供して会員から得た収益のうち50%をオーナーに対してお支払い(以下「オーナー収益」とする)します。なお預託合意書に別の割合が表示されている場合には、預託合意書の割合が優先されます。 (2)オーナーは、オーナー収益を銀行口座送金で受け取るか、又は当社Dewss Warchのサービスの支払いに充当するか、選択することができます。 (3)オーナーは、銀行口座送金の場合の送金頻度について、毎月1回、3カ月に1回、半年に1回のいずれかを選択できます。なおオーナーが銀行口座支払いを選択した場合、当社は送金する際の送金手数料を差し引いて振り込みします。 (4)オーナー収益を当社がオーナーに支払うに際して、当社に対する未払金その他の債務が残っている場合には、当社はオーナー収益から相殺し弁済を受けられるものとします。また、オーナーに税金その他の未払いがあり当社に対して支払命令が為された場合には、税金その他の未払金と相殺され納付されることに同意するものとします。 (5)当社は、オーナー収益について、当社の書式による内訳書をオーナーにメールその他の方法によりオーナーに通知します。オーナーは、当社に対して、オーナー収益の支払額及び内訳に関する資料の開示や閲覧の請求をできないものとします。

8.オーナーによる当社レンタルサービスの利用

(1)オーナーは、預託合意書と別に定めるサービス規約に従い、当社の会員としてレンタルサービスを利用することができます。当社レンタルサービスを利用するに際しては、サービス利用規約が適用されます。 (2)オーナーは、当社の定める年会費及び保証金を支払い、当社レンタルサービスを利用できるものとします。なお、オーナーに適用される年会費及び保証金については、当社DRESS WATCH サイト内に表示されている条件が適用されます。 (3)オーナーは、サービス規約に基づく不履行が生じた場合には、預託時計類が担保として取り扱われることに同意するものとします。

9. 契約の履行

(1)オーナーは、当社の書面による同意なく、預託合意に基づく権利を譲渡することはできません。 (2)預託合意は、当事者およびそれぞれの相続人および許可された代理人の利益のために拘束され、履行されるものとします。預託合意と他の規約、契約との間に矛盾がある場合は、この預託合意が優先して適用されます。 (3)両当事者による書面による承諾がない限り、預託合意書を修正、変更または修正することはできません。疑義を避けるために、当社の書面による承諾がない限り、オーナーにより追加または変更された条件は全て無効とします。 (4)預託合意書及び預託規約は、違法または無効な内容がある場合を除き、条項は有効であり執行は損なわれません。 (5)預託合意は、当事者間の預託契約の全体を最終的かつ完全に構成するもので、当事者間の書面および口頭のその他すべての契約および理解に優先します。また預託合意は、1つまたは複数の集合体で構成され、それぞれは原本とみなされます。 (6)預託合意の意思を示すために、ファクシミリ、電子メール、またはその他の電子媒体の使用は、元の署名と同じ効力を持ちます。

10. 責任の制限

(1)オーナーは、預託時計類が紛失、盗難、修理を超える損傷を受けた場合においては、当社が評価した預託時計類の評価額に対する金銭補償のみを請求できるものとし、実物による弁済の請求はできないことに同意します。 (2)オーナーは、いかなる損害を生じた場合においても、当社の賠償責任は預託時計類の中古買取相場による評価額の50%が限度となることに同意します。なお、預託時計類の中古買取相場による評価額は、当社が認める方法により評価するものとします。 (3)当社は、本条(2)を除き、特別な損害、間接的、偶発的、懲罰的、派生的、派生的に生じた損害(利益の損失または収益の損失を含む)、責任の所在が不明であるかいないかに関わらず、損害の可能性が事前に告知されたか否かに関わらず、遡及していないかどうかに関わらず、いかなる場合にもいかなる責任も負わないものとします。

11. 準拠法および管轄裁判所

(1)預託契約は、日本国の法律に基づいて解釈されます。 (2)当事者間に紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を専属的管轄裁判所とします。 お問合せ先 株式会社ルピナス E-mail: 本サイト上のお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。 制定:2017年6月20日 改定:2018年11月1日

ページトップへ